家事(掃除・収納・節約)に関する情報をお届けします。

menu

ハオスハルト

押入れをすっきりさせる!かさばる布団・毛布の収納方法4選

押入れ

押し入れを占領している物といえば「布団と毛布」ではありませんか?敷布団や掛け布団、毛布など家族分を押し入れに入れてしまえば、どうしても布団で占領されてしまい、他の物を収納できなくなってしまいがちです。

 

そこで、かさばる布団や毛布を上手に収納するアイデアをご紹介してまいります。

 

スポンサーリンク

布団・毛布の収納方法4選

1.布団収納袋に入れる

布団収納袋

出典:iemo

 

布団収納袋に入れると押し入れが整理しやすくなります。写真のようにすのこを使うと湿気対策にもなるのでお勧めです。押し入れを使う面積はやはり大きくなりますが、見た目が綺麗に整理されて収納できますので、スッキリと見えますよね。

 

 

 

2.布団圧縮袋で押し入れの空間を広げる

 

押し入れの空間を大きく広げたいなら、布団圧縮袋を活用しましょう!そのまま布団や毛布を押し入れに収納した場合の半分以下に圧縮できますよ^^

 

 

3.布団棚を活用して、押し入れをスッキリ整頓

 

押し入れに物を収納していくとき、何でもかんでも重ねて収納してしまうと、次に物を出す時に取り出しずらかった経験はありませんか?そんな時は、この押し入れフリーラックを使ってみてください。

 

例えば、

押入れフリーラック

出典:ecx.images-amazon.com/

押入れフリーラック2

出典:ecx.images-amazon.com/

 

こんな風に見た目もスッキリと押し入れを整理整頓することが出来ます。これなら、物の出し入れがしやすいですよね!

 

また、ラックを活用することで通気性も確保できます。

 

 

4.布団収納ラック

 こちらは、布団を毎日押し入れに入れている方や、お客様が多いお宅に重宝する布団収納ラックです。

 

 

キャスターが付いていますから、押し入れからも楽々取り出すことが出来ます。また、伸縮するのでご自宅の押し入れの幅に合わせることが可能です。

 

抗菌樹脂ですから防カビ対策としても有効です^^

 

以上、布団の収納法についてご紹介させて頂きました。いかがでしたか?押し入れ収納グッズを有効活用すれば、見た目も綺麗に押し入れを生まれ変わらせることが出来ます。

 

押し入れってパッと物を入れてそのままになっていることも多かったりしますから(;^ω^)、冬の布団から夏の布団に切り替える時期は、押し入れ収納を見直してみる良い機会です。是非、参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ