家事(掃除・収納・節約)に関する情報をお届けします。

menu

ハオスハルト

タンスの収納コツはズボン&服の「たたみ方」にあった

デニム

ズボンを洗濯後、たたんでからタンスに収納すると思うのですが、ズボンって特に冬は生地が厚くて沢山収納できないから困る・・・ということありませんか?特にジーンズ。ゴワゴワしていますからかさばるんですよね(;^ω^)

 

でも、ズボンの収納ってたたみ方にコツがあったのです!そのたたみ方をマスターすると、収納スペースを確保できるようになりました!

 

そこで、ズボンのたたみ方と皆さんが一番所有している確率が高いTシャツのたたみ方をご紹介していきたいと思います。これらのたたみ方をマスターすると、収納力が断然アップしますよ!

 

スポンサーリンク

ズボン&Tシャツのたたみ方

ズボンのシワ伸ばし&ボタンとチャックは開けておく!

ズボンのたたみ方の最初のポイントは、「生地のシワを伸ばす」ことです。シワを伸ばすことで、生地がかさばるのを防ぐことができます。

 

2つ目のコツとして、ボトムスのボタンとチャックは開けたままにしておくこと!そうすると、シワも伸びやすくなるそうです。

 

たたみ方についてです。

 

  1. お尻の方を内側にして半分に折ってください。お尻を内側に折ることで、小さくまとめることができます^^
     
  2. 半分に折ったら、三つ折りにします。
     
  3. 最後に、ズボン裾の部分をウェストに入れ込むと綺麗にたたむことが出来ますよ!

 

ボトムスに限らず、ズボンやパンツも同じようにたたんでみてください。収納スペースが出てくるはずです!シワを綺麗に伸ばして、お尻を内側にしてたたむだけでこんなに違うものかと実践してみて驚きました。

 

三つ折りでは変わらないという方についてですが、四つ折りにするとズボンを立てる収納が出来るので、収納力がアップするはずです。

 

 

Tシャツを米軍式のたたみ方にするとコンパクトに!

皆さんが衣類で一番所有している枚数が多い物の代表格といえば、Tシャツではないかと思います。そこで、Tシャツが滅茶苦茶コンパクトにたためる米軍式のたたみ方についてご紹介していきたいと思います。

 

1広く平らな場所にTシャツを広げる。
2Tシャツのすその部分を5センチくらいクルっと表にめくり返す。
3Tシャツをタテに三等分に折る。袖も折りこんで、長方形になるようにしよう。
4襟側からすそに向かってクルクルっと丸めていく。
5すそにたどり着いたら、「2.」で折ったすその折り目に入れ込めば完成。

出典:rocketnews24.com/

 

とても分かりやすく書かれてあったので、そのまま抜粋してご紹介させて頂きました。

文字ではたたみ方がよく分からない方もいるかもしれませんね。YouTubeでご紹介されていたので参考にされてください。

 

▼米軍式たたみ方の動画

 

動画は英語ですが、見て戴ければたたみ方は分かりますからご安心を(*^-^*)Tシャツってこんなに小さくたためるんだってビックリしますよ!沢山Tシャツを持っている方にはとても役立つたたみ方だと思います。

 

これまでの倍以上のTシャツがタンスに収納できるのではないでしょうか。是非試してみてくださいね。

 

ズボンと衣類のたたみ方についてでした。今回はTシャツのたたみ方でしたが、シワになりにくいポリエステル生地のシャツなどもクルクル丸めればコンパクトになると思います^^

 

Tシャツほどギュウギュウに丸めなくても、3つ折りもしくは四つ折りにすると小さくなって立てる収納が可能です。上に重ねる収納は何がどこにあるのか分かりずらいですし、収納力もありません。衣類は立てる収納を意識しましょう。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. This was so helpful and easy! Do you have any aretclis on rehab?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ