家事(掃除・収納・節約)に関する情報をお届けします。

menu

ハオスハルト

七草粥はいつ食べる?意外と知らない1月7日に食べる理由と由来

七草粥

七草粥といえば、1月7日に食べるお粥です。七草粥を食べる一般的な理由として知られているのは、お正月の贅沢三昧で疲れている胃を休める為だと言われますよね。

 

それもあながち間違いではないのでしょうが、七草粥の起源は中国から伝わったものだとご存知ですか?その奥深い理由と由来についてご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

七草粥は中国の風習と日本の風習が混じり合ったもの

七草粥は中国の節句が由来しています。1月7日を中国では「人日(じんじつ)の節句」といって、人の日とされています。人の日というのは、人に対して罰を与えられない日らしいです。

 

ちなみに、元旦は鶏の日、2日は犬の日など8日まで動物の日を作って、その日に制定されている動物を大切にしているそうです。(参考:utuyoのハテナノート)日本も、語呂合わせで、色々な日が制定されていますよね。

 

人の日である1月7日、中国では7種類の葉をスープにして食べる無病息災をお祈りする日です。

 

それが日本に伝わって春の七草である、セリ、すずしろ、はこべら、ほとけのざ、すずな、なづな、ごぎょうをお粥にして食べるようになりました。

 

 

中国の7種類の葉と日本の七草とは内容が違うでしょうが、体を大切にするという意味では同じです。

 

今は七草ですが、昔の日本の七草粥は入れているものが違っていました。昔は、米、粟、黍、稗、簑米、胡麻、小豆だったらしいですよ!今とは全く違う内容ですね。

 

七草粥は日本独特の伝統文化だと思っていましたが、まさか中国から伝わってきたものだったとは驚きです。

 

 

1月7日の朝に七草粥を食べる理由とは?

七草粥は中国の人日の節句が日本に伝わったものだと申し上げました。そして、1月7日に七草粥を食べる際の時間帯も実は中国に関係があります。

 

本来、七草粥は1月7日の朝に食べるようになっています。最近は、夕食時間に食べることが多いですよね。朝に食べる理由も意味があって、中国では1月7日が昇進が決まる日になっていて、出勤前に縁起の良い菜を食べることで出世を願う習慣があります。

 

日本では、五穀豊穣や無病息災を願っていただく意味合いが強いですね。

 

七草粥は胃に非常に優しいですし、消化も良いです。それに七草はビタミンが多いうえに繊維質なので、腸にも負担が掛かりません。便秘解消にも一役買いますよ(*^-^*)七草粥って1月7日にだけ頂くイメージですが、普段も取り入れると体が喜びそうですね。

 

最後に、七草粥の簡単レシピをクックパッドで見つけました。参考になると嬉しいです^^

 

七草粥☆かんたん中華風☆|クックパッド

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ