水滴

結露

冬にできる結露の原因は温度差?窓ガラスの結露対策グッズ3選

寒い季節になると、悩みの種になる”結露”。

 

窓が水滴でビショビショに濡れて、雑巾数枚がかりで拭き取る…こんな経験のある方は多いと思います。結露は、放っておくとカビが発生してしまい、家にも人体にも悪い影響を及ぼしかねません。

 

今回は、結露の原因と、便利な対策グッズを特集してみました。

今年は例年より暖かめですが、朝少し結露が出来る日は既にありますよね。すぐにお役立ていただける内容になっていますので、要チェックですよ!

 

スポンサーリンク

結露の原因は「温度差」と「水蒸気」

筆者が結露と聞いて思い浮かぶのは、寒い冬の日の、家の窓につく水滴です。それ以外にも、買ったペットボトルが水滴まみれになったり、外から温かい場所に移動するとメガネが曇ったり…このような現象も、結露なんですよね。

 

不快なこの”結露”が出来る原因は何なのでしょう。ヒントは温度差水蒸気(湿気)にありました。

 

空気中には水蒸気(湿気)が含まれています。空気は暖かいほど水蒸気を多く含むことが出来、冷たいほど含む量が少なくなるんです。

暖かい空気が冷やされると、空気中にある多くの水蒸気(気体)が凝縮して、水(液体)に変化するのです。これが結露になります。理科の授業を少し思い出しますね…!

 

なので、冬の寒い日の窓に付着した結露というのは、外気によって冷やされたガラスに、室内の暖かい空気が触れて冷やされ、空気中の水蒸気が水滴になって窓に付く、といった具合で発生するということですね。

 

なるほど、冬に結露が起こりやすいのは、温度差にも原因があったのですね。主な対策としては、換気があります(水蒸気を滞留させないようにする)。

しかし、寒さが厳しい日の朝なんて、なかなか窓を開けっぱなしにする勇気は起きませんよね(泣)

そこで、お役立ちグッズの出番なんです!

 

結露対策グッズ3選

1.結露防止スプレー

窓にスプレーするだけで、ガラス面に撥水効果を与えて、結露の水垂れを抑制することが出来るという画期的なスプレーです。

 

結露の発生を防ぐものではないのですが、水垂れが軽減できるとストレスもだいぶ解消しますよね!比較的安価ですし、スプレーするだけなので手間が掛からず、手軽にチャレンジできるのも魅力です。

 

 

2.結露取りワイパー

窓に付いた結露を拭き取って、その水をボトルに溜め、まとめて捨てられるという便利グッズ。市販のペットボトルも取り付け可というのが嬉しいですよね。

 

ビッショリ付いた結露を雑巾で拭き取っていると、正直、雑巾が何枚あっても足りないんじゃないかと、気が遠くなります…。でも、これがあればラクラクですよね!浴室にも使えますし、あれば絶対便利でしょう。

 

 

3.結露吸水テープ

窓から流れ落ちてくる結露を、貼るだけで吸水してくれるテープです。実に様々な商品が出ていますが、こんなに可愛らしいデザインのものもあるのですね。これだと、インテリアのアクセントにもなって、憂鬱なはずの結露対策グッズで、明るい気持ちになれそうです!

 

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した商品はほんの一部で、同じタイプでも様々なものが出ているので、是非チェックしてみて下さい。ワイパーなどは百均にもあるようなので、百均に行かれた際は探してみてはいかがでしょう。

 

筆者は、可愛いデザインの結露吸水テープに惹かれました!でもズボラなので、現実的に考えると、スプレーをふるのが手軽に出来そうだなぁとも思いました。皆さんも便利グッズを活用して、結露のお悩みを吹き飛ばしましょう!

 

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. カット
  2. 料理をする女性
  3. 靴下
  4. 靴下
  5. ゴミ箱

アーカイブ

  1. カップルの足元

    ニオイ

    靴が蒸れて臭いとはもう無縁!簡単にできる6つの対策方法
  2. 窓の掃除

    掃除

    素人でもOK!窓ガラスを簡単にピカピカにする上手な掃除方法
  3. 外国人の女性

    料理・食べ物

    卵酒は風邪に効果ある?子どもでも飲める簡単な作り方と注意点
  4. ガスレンジ

    節約

    これでガス代も怖くない!賢く大幅に節約する6つの方法
  5. 家の窓

    掃除

    家事えもんの掃除術!網戸・窓枠・サッシの汚れを落とす方法
PAGE TOP