ダニ退治

ダニ対策!カーペットや絨毯をキレイにする正しい掃除方法

肌寒い日が多くなってきました。そろそろカーペットや絨毯を出そうと思っている方も多いのではないでしょうか。すでに出している方もいるでしょう。

 

ところで皆さん、カーペットや絨毯のお手入れはどうされていますか?ダニ対策、きちんとできていますか?そう聞かれると、ちょっと自信がなくなりますよね…。

 

今回は、カーペットや絨毯の正しい掃除方法を特集します。きちんとお手入れして、ダニ対策にも自信を持てるようになりたいですよね!

 

スポンサーリンク

カーペットや絨毯にはダニが潜みやすい

普段生活していても、ダニを直接見つけることはなかなかありません。それもそのはず。ダニは非常に小さいので、目に見えないものがほとんどなんです。

 

しかし、目には見えなくとも、家の中にダニは生息していると言われています。

 

エサとなるのは主に人のアカ、ホコリ、カビ、水分などです。これらのことから、ダニが好んで潜む場所として、カーペットや絨毯が挙げられます。その他、寝具や畳なども要注意です…。き、気持ち悪い~!(涙)

 

その影響として懸念されているのが、アレルギー性喘息や鼻炎です。ダニの糞や死骸が鼻から入り、気管に侵入してしまいます。

 

特に、小さなお子さんがいるご家庭では、アトピー性湿疹や喘息発作の原因になったり、風邪を引きやすくなるなどの影響が心配されます。恐ろしいですよね。

 

これは、何が何でも対策をして、しっかり予防したいですよね。気持ちよくカーペットや絨毯に寝転がるためにも…!

 

正しい掃除方法とは?

カーペットや絨毯は、洋服のように気軽に洗濯が出来ません。しかし、ただコロコロや掃除機をかけるだけでは、細かい汚れは取り除けないことが多いです。

 

ここでは、正しい掃除方法をご紹介しますので、是非ご参考にしてみてください。

 

天日干し、もしくはアイロンでダニ退治

ダニ退治には、熱をかけるのが一番効果的です。方法としてはまず、天日干しが挙げられます。庭などがあれば、まんべんなく全面を天日干しし、布団たたきで裏側から叩きましょう。

 

しかし、カーペットの大きさなどによっては天日干しが難しい場合もあると思います。そんな時は、スチームアイロンをかけるのも良いですよ。スチーム設定は強めで、毛並みに沿ってゆっくりかけましょう。

 

ゴム手袋が大活躍

掃除機をかける前に、毛足の奥の方に絡みついた汚れを掻き出しましょう。そこで活躍するのがゴム手袋なんです。食器用、園芸用、どんなものでもOKです。

 

やり方は、ゴム手袋を装着し、その手でカーペットを撫でるように軽く擦るだけ!コツはゆっくりとやることです。

毛が長いタイプのカーペットでも、これなら簡単に奥の汚れが掻き出せますよ!

 

掃除機はゆっくりかける

汚れが掻き出せたら、掃除機をかけましょう。ポイントは二つ。

 

一つは、毛並みに沿って吸い取ります。(もし事前に汚れを掻き出していなければ、毛を起こすように毛並みに逆らってかけると良いでしょう。)

 

もう一つは、ゆっくりかけることです。目安は、1平方メートルにつき20秒~30秒です。汚れが良く吸えますし、何よりダニは、物にしがみつく力がとても強いので、ゆっくりかけないと吸い込めないんです。

 

その他、足裏汚れなどが気になる場合は、お湯で濡らした布で拭きましょう。毛足を立てるように拭くのがポイントです。

 

汚れが激しい場合には、重曹水を作り(霧吹き容器に水を適量入れ、重曹を小さじ1杯加えよく混ぜれば完成)、カーペット全体に吹きかけ、ゴム手袋などで汚れを取り込んだ重曹をこすって取ります。

 

もっと念入りにする場合は、重曹をカーペットに直接まき、手で揉みこみ一晩置き、翌日掃除機を念入りにかけ、丁寧に吸い取ります。

 

いかがでしたか?

生地を傷めないように、素材の注意書きなどを事前に確認することもお忘れなくお願いします。筆者は、コロコロで掃除することが多かったのですが、いつもこれだけで良いのかな…と思っていました。

 

早速、ゴム手袋での掻き出しからやってみようと思います!みるみる汚れが取れたら、気持ちがよさそうですね。

いつも清潔に心がけることが、ダニの繁殖を防ぎます。アレルギーを防ぐためにも、カーペットや絨毯の掃除をきちんとしましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 掃除

    安くても役に立つ!大掃除に便利な100均道具グッズ4選

    一年の締めくくりといえば「大掃除」です。普段掃除しない所を掃除するって…

  2. 掃除

    大掃除を1日で完了!効率良く進める手順と3つのコツ

    11月頃になると来月は大掃除だなあと何となく感じ始めますが、毎日の忙し…

  3. 掃除

    初心者でもピカピカキレイに!上手なトイレの掃除方法を丁寧に解説

    トイレは尿や埃などが壁や床に付いて汚れやカビの原因になります。できれば…

  4. 掃除

    2週間に1回でOK!エアコンフィルターの簡単お掃除方法

    皆さんは、エアコンフィルターの掃除をきちんとしていますか?筆者は、ここ…

  5. 掃除

    汚れを撃退!ウォシュレットトイレのノズルや裏側をキレイにする掃除方法

    ウォシュレットタイプのトイレに変えました。とても清潔にお尻を保てて嬉し…

  6. ニオイ

    知って得する!優秀すぎる「重曹」の活用方法5選

    重曹って膨らし粉とも言われますよね。ホットケーキには欠かせない材料です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

アーカイブ

  1. 料理・食べ物

    お餅が大変身!食べ飽きたお餅の簡単人気アレンジレシピ3選
  2. 節約

    電気式床暖房の電気代はエアコンより安い?節約する方法を徹底解説!
  3. ニオイ

    知って得する!優秀すぎる「重曹」の活用方法5選
  4. 掃除

    電子レンジの頑固な油汚れ、焦げを簡単にキレイに掃除する方法
  5. カビ対策

    家事えもん流お風呂のカビ予防策は天井からの掃除とジャージ雑巾
PAGE TOP